「いかにラクをするか」に頭を使え

リバーカヤックのおもしろみは、ボートを動かすこと。
もうひとつは、流れを利用することです。
このふたつが掛け算になって、より深い楽しさ(奥深さ?)となります。

「いかにラクをするか」を考えるようにすると、流れをうまく利用できるようになります。
いちばん大変なのが、水の動きに逆らうこと。
ラクをするためには、いかに水の動きを利用するかってのがポイントになります。

観察する。
作戦を立てる。
やってみる。
工夫する。

特に「観察」と「作戦」はすごく大事!

観察の視点はいくつもあるといい。
水の動きをよく見る。
ボートの動きを感じる。
他のひとが漕いでいるボートの動きを見る。

***

初心者体験クラスをやりました。

上流へ漕ぎ上るときには、「いかにラクをするか」を考えてパドリング。
作戦がそれぞれあるのもいいですね。

リバーカヤックは、身体だけじゃなくて、頭も使います。
そこもパズルみたいでおもしろいんですよ。

***

オンラインでのレクチャーもあるので、ただ川で漕ぐだけよりも学びがあります。
新しいことをはじめてみませんか。