ロールのコツ、浮力を長く作り続けるために

前日までの雨がウソのように、いい天気!
ロール練習びよりとなりました。

今まで何度か練習したけれど、上がったことがない。
理論立ててロールを知りたい。
・・ということでロール講習に参加していただきました。

***

ロールを安定させるためには、パドルで浮力を長く作りつづけること。
浮力を長く作り続けるには、
 ブレードが動く距離を長くする
 ゆっくり動かす
のふたつができるといいです。

ブレードが動く距離を長くするには、軸手(右のブレードを使うロールなら左手)の状態を意識するといいです。
軸手が身体から遠ざかったり、下がったり、身体の右にブレたりすると、すぐに漕ぎ終わってしまいます。

水の中では無我夢中で、動かし始めてから意識するのが難しいです。
なので、動き出す前の「セット」で、左手の位置を確認すると、ぶれにくくなります。

***

Yさん、きれいに上がれるようになりました!


あとは回数をこなすといいです!

***

ロール講習は、毎月最終日曜日に開催しています。
平日もリクエストがあれば、開催できます。
夏のうちに上がりやすいロールを身につけましょう!